2021年10月15日

咳止めに良い食材・悪い食材

このところ、夜中に痰が絡んで眼がさめることが多い。
寝たきりで自分で寝返りが打てない私には、これはとても恐怖である。

ヘルパーさんが来て、対処してもらえるまでの時間が、実際の時間の数倍に感じる。
今のところは大事に至っていないが、将来的にはとても不安が多い。

ネットで「せき止め」について検索してみると、予防になる食材か載っていた。

梨が良いようだが、季節的にこれからは店頭に並びにくくなる。並んだとしても、高い値札がついていそう。
洋梨でも良いそうだが、普段から食べていない果物であり、それこそ用無し。

蜂蜜も良いそうだが、これも普段から使わない食材。蜂蜜を使った料理を思い浮かべてみても、普段から食べている料理ではない。
蜂蜜の入った紅茶を飲むように心がけてみようか。それとも蜂蜜入りの喉飴をなめていようか。どちらも太りそう。。。

逆に喉に悪い食材も書いてあった。
カレー、キムチ、ショウガなど。

下層平民の味方となる食材ばかり。困ったもんだ。。。


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村










posted by わびすけ at 07:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビリヤニって、何?

ネットで『ビリヤニ』という料理が紹介されていた。
「ビリヤニって、何?」

初めて聞く料理に興味を持った。ネットでレシピを調べてみたが、聞いたことのない調味料や香辛料の名前が出てくる。
食べてみたいと思うが、調味料かっただけで旨く調理できるのだろうか心配。


出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビリヤニは、インド亜大陸のムスリムにその起源を持つ混ぜご飯料理である。スパイスと米(通常はバスマティ米)、肉、魚、卵や野菜などから作る米料理である。同じ米料理であるプラオとビリヤニとの違いは、プラオは生の米を炒めて魚介・野菜などの具材(生か軽く炒める程度)とスープと合わせて炊き込むのに対して、ビリヤニは原則として半茹でにした米と、別途調理された具材を合わせて炊き込む点にある。



ヘルパーさんに新しいレシピを挑戦してもらうより、素直に冷凍食品をネットで探した方が手軽でよいかもしれない。


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村




posted by わびすけ at 07:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする