2024年04月08日

京都和久傳の仕出し弁当

歳を重ねれば重ねるほど、どんどん葬儀に参列する機会が増えてくる。多くの人と関わって生きてきたのだから当然のこと。

最近の葬儀は、葬儀の後で親せき縁者が集まって食事というのもコロナ感染を気にして避けられている様子。
葬儀が終わって散会というとき、仕出し弁当の入った紙袋を渡された。最近の葬儀業者はそこまで手配してくれるみたいだ。


中に入っていたのは、京都和久傳(きょうとわくでん)の仕出し弁当であった。

IMG_2332.jpg

IMG_2333.jpg

花見弁当のような華やかさはないが、それなりに彩りも良く雅さを感じられる。
メインは京料理の煮物であるが、ローストビーフも入っていて高級感の演出もある。

ご飯は、鯛の黒寿し。和久傳自慢の黒寿司に鯛の薄造りを敷きつめた和久傳特製の鯛ちらし。
鯛の薄造りには薄い味が上品についている。さすが京都の味付けと思える逸品。


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ
にほんブログ村











posted by わびすけ at 08:34| Comment(0) | 弁当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: